月曜日

5,2




 いろいろとお休み中ですが一艸は元気です。
 今、世のなかに起きていること、自分の身のまわりの出来事すべてに共通だとおもうのは、まず自分がしゃんとして元気でいることが第一番目。どんなときも自分が欲することに敏感でいなければ、いざというときに立てないし活動も長続きしないのだということです。
 困難な状況、限られた供給のなかでも、自分が欲する栄養をちゃんととる。必要なものは案外身近にあったりします。なければ思いきってとりに出かける。それもできなければふんばる時。必ず動けるときがくると信じます。欲するものが何もないときは、できるだけ休んで養います。(そのとき、何かひとつでもお守りのようなものがあればよいな、とおもっています。)