火曜日

12,27

あっというまに年末の末です。

それにしても、さむくなりましたね~。
家にいると底冷えしてきます。
いよいよきたな、という感じです。

さて、来年のカレンダーができあがりました。(やっと)

伊勢和紙を使用しており、風合いがよいです。ビビットなピンク/ブルーの紐が、個人的には気に入りです。

ご注文を受け付けしております。
くわしくは、こちらのページをごらんください

月曜日

12,19

いま、ホームページをリニューアルしています。
「木版画」のページは、順次、更新予定ですので、どうか気長におまちください。

久しぶりにコンピュータに長時間むかっているので、さすがに目が疲れるけど
楽しいのでやりつづけてしまう。この習性は、かわりませんねぇ。

日曜日

12,18

今日は、K平くんが久しぶりにブリを釣ってきました。
お刺身、甘みがあっておいしかった~。
2、3日後がいちばんおいしくなるらしい。あぁ楽しみ。

水曜日

12,14

昨日、Fourliqueさんに追加の小さい版画をお届けに行きました。
さっそく棚に置いていただいて。
お店の木の感じと合うなぁ。よかった。

11㎝角の白木のフォトフレームタイプ、5点。マットも入っています。

帰りがけ、ちょうどお隣のリフレルームが空いていまして。
このごろ、目がものすごく疲れて重-いので、迷いもなくお願いするわたくし。

完全一人用の小さなお部屋ですけど、窓から森が見えて、何か開けているのです。

マッサージはですね、もう、気持ちよいことこの上なし。
終わってからも腰があったかくて、目も軽い。
あ~。これはすごいです~。

リフレルームには、版画(←)、こんなふうに飾ってもらっていました。

月曜日

12,12

一艸木版のクリスマスカードをつくりました。2種類です。

図柄は、版画をレイアウトして、伊勢和紙に印刷しています。
少しクリームがかった素朴な風合いの紙。大きさは、はがき大のほぼ半分です。

ご希望の方、ご注文をお受けしています。
くわしくは、このページをごらんください

日曜日

12,11

Fourliqueさんに納品させていただいた版画。前回の展示で出したシリーズのなかから。



こんどは白っぽい額に入れてみたくなり、版画はクリーム地のコットン紙に摺ってみました。全体にやわらかくなって、これも好きな感じとなりました。

額は、うすい乳白色で木目がみえているタイプ。大きさは25㎝角。

こちらの版画は、ホームページでも注文をお受けする予定です。

木曜日

12,8

雨降りですが、作業にはもってこいの日。

ひとつ、お知らせです。

楠部の、倉田山の森を抜ける坂道の途中に、『Fourlique (フォーリーク)』という雑貨屋さんがあり、そこに、版画を置かせていただくことになりました。

三角屋根のおうちの一室で、電球の灯りがついていて、靴をぬいで入る、、、、はじめて行ったとき、自分の好きなものが何個もあって、びっくりしたのです。

すこしずつなのですが、まず、シリーズでつくっている大きめの作品を3点出し、(晴れた日に写真を撮って載せます)
今後、小さめの作品も入れさせていただく予定です。

雑貨屋さんの横には、ちいさなちいさなリフレクソロジーの部屋があたらしくできて、今、版画はそこに飾ってもらっています。(この部屋は手づくり、と聞いてこれまたびっくり)

リフレクソロジーは、体がそろそろ、となったらお願いしよう。


Fourlique (フォーリーク)

月曜日

12,5

寒がりの鼻だけ子さん。

最近すっかり犬猫恋しくなっています。夫婦ともども。
動物と住める家、それだけで、いいなあ、と思う今日この頃。
(今は賃貸なので飼えぬのです)

水曜日

12,1

昨日、親知らずを抜きました。

上の歯だったので、抜いた歯の穴ぼこと鼻の穴が一時的につながって、そこからスースーと息ができました。
わるくない感じだったけど、その新穴は1日でもうふさがってしまった。

さて、今日から12月です。

わたしは、のろのろペースながら、少しずつ版画をつくりはじめました。
いろいろな方面から励まし(?)やきっかけいただいて。

今日は午前中にクリスマスカードの自由工作。
そしてずっと曇っているので、午後から版画を摺る。

ラジオで聴いておもいだしたが、今日は映画の日だった。
みやこではどんな映画をやっているのだろう?

金曜日

9,2

台風が来ている。クラムハイツは雨戸がないので、昨日の夜から結構な轟音です。

今週は弁当をまる一週間もサボった!
今日は台風だから、家の中のこまごましたことをやろう。DVDもまた何か借りてこよう。
こないだ観た「南極料理人」がすごくよかったので、それは置いといて。

月曜日

8,22

土曜日にK平くんの車がまた壊れた。
ちょうど一週間前には船が壊れた。
先月は、わたしの車とK平くんの車が一日ちがいで壊れて、もう、壊れつづきなのだった。
K平くんは釣りにも行けなくて、週末じゅう、へのへのもへじみたいな顔をしていた。
そういう時期なのだかなぁとおもうが。

昨日は雨天のため、宇治神社のおまつり広場は中止。
夕方から武雷庵に出かけたK平くんは、一時間でできあがって帰ってきた。

さて、今日は月曜日。
いろいろと済ませて、本格的に本を読むため喫茶店に寄ったけど、隣のテーブルのおばちゃん2人&おじちゃん1人の話が、やけに深くて聞いてしまう。
ムラが、とか、芝居が、とか、三重テレビと欽ちゃんが、とかさ。

晩ごはんは、なすとさつまいもの天ぷら。なすが甘くてとろけて。
ころもは、米粉とたまごと長芋のすりおろしたの。これで、サクサクの天ぷらになる。あっというまに食べてぜんぜん余らない。

夜は、お義母さんと十兵衛の久々の訪問。

土曜日

8,20

今日は雨の予報だったけど、もちこたえている。早朝に降っていたらしいが。
K平くんは釣りなので、先に朝ごはんを済ませてくれた。
わたしは、自分のためにトーストの朝ごはんにする。時々むしょうにトーストを食べたくなるので、この日にそなえて食パンを凍らせてある。あまりにもおいしくて一気に食べてしまった。

さて今晩は、お刺身を楽しみに。

金曜日

8,19

昨日更新し忘れたので、土曜日の朝これを書いている。
べつに義務ではないけれど、昨日はさっちゃんの花屋へ行ったし、晩ごはんに田曽でもらったカマスの干物をいただいだので。

さっちゃんの花屋は、彼女の趣味が店じゅうに浸透していて、花じゃないものもたくさんあり、どれもこれもここにいて当然というふうに居心地よさげ。グリュンというお店です。
来週贈りものをする花束を頼んできた。

晩ごはんはカマス。
脂がなくて、ぺんぺんで、K平くんはこれが好み。
田曽の干物は海水の味がして、舌の奥のほうでぐんと感じる。
おいしい。

木曜日

8,18

今朝は少ししのぎやすいような。
朝と昼のあいだくらいに、焼きチーズカレーを食べる。
おいしい。
でも本当はトマトをのせたかった。
ホークをさしたらぴゅっとつゆが飛び出しそうなトマト、昨日焼いたらおいしかったので、ぜひこれをのせて焼きたかったが忘れてしまった。

午後はにわか雨でまたもや蒸し返す。
今日はK平くんが遅くなる予定なので、夕方がまるごと自分の時間となり、ごはんも作らない。
わたしは朝と夕方によい考えが浮かびやすいので、今日は貴重だ。
いつもこんな感じに近づくように、家事の時間配分をうまくすればいいのだな。

2日連続して本屋に立ち寄る。
昨日は、「孫の力」という雑誌を見つけ、おもわず立ちどまった。
誰も作ったことのない孫雑誌発刊!(うろ覚え)とのこと。それはそうだろう。
ソトコトの増刊号だそう。
巻頭のよしもとばななさんの文章は、家で読んでいたらきっと泣いていたな。
この人は、前にほかの読み物でも同じようなことを書いていた。
お話の内容はちがうけど、言っていることは同じ道にあることとおもう。
そしてそれは、今この世で、とくに日本で生きているものにとっては、肝のところじゃないのかな。
だから、また今回も心臓がドクドクしてしまった。
(そのほかの孫の力の内容は、見てないのでわからない)

今日は、そんな昨日に引き続いてか、河合隼雄さんとばななさんの対話本をたまたま立ち読みし、「異常な眠気」について話しているところを見つけた。
そこには、わたしがまさに言いたかったことが、ちゃんとわかりやすく書いてあったので、買う。
あとでK平くんに見せよう。

水曜日

8,17

今日も昨日の続きみたいに暑くて、道路が混んでいた。
お昼過ぎと夕方に雨が降る。
雨がやむと地面の近くの空気が蒸し返されるよう。
わたしもシウマイみたいに蒸されている気分。

だんだんと作業をはじめたくなってきているけど、環境がまだもう少し。
わたしのマシンからプリンタに接続できないので、なおす。
版画のほうは、版木の仕入れを近場でうまくするには、など。
でも、焦らないで出てくるもの次第に。
動くときは一気に動くから、そのときに120パーセント以上の力を出すために、あんまりちょこちょこ先走らなくてもいいとおもっている。

晩ごはんは、ここ数日、白いご飯が食べたくなっていたので、白米を炊く。
それと、前に大急ぎで買い物をして買った、あまりおいしくないお茶をふりかけにしてみる。お茶の葉と塩を炒ってすり鉢でするだけ。青のりのようになっておいしい。
鮭はフライパンで焼いてバター醤油味。それから、沖縄のもずく、茶豆、大根菜のごま油炒め、など。
K平くんは時々うなっている。
わたしは、おいしいを連発して食べていた。どれも食べたい味だったので。

火曜日

8,16

昨日は、K平くん帰宅後、お義母さんとともに精霊送りにお寺へ。
雨がやんでいっそう蒸していた。
これでお盆のいろいろが終わり、少しほっとする。

夜はサトルが帰るので駅まで送り。
この人は、めいっぱい夏休みを田舎活動にあて、英気を養い、さばさばと東京へ帰っていった。わたしにはもう真似できない。
帰りにK平くんが、兄弟を送るってええもんや、と言った。
わたしはそんなこと思いついたこともなかったが。これまで何人も何人も駅まで送ったろうけれど、兄弟を送るのは初めてなのだ、K平くんは。

今朝はゆうべのカレー。
さて、お盆ももう終わりっと思っていたら、今日は、なのか、今日も、なのかわからないけれど、道がとても混んでいる。
内宮方面へは御幸道路も御木本道路も渋滞していた。
この時期は何も考えずに走っていると、大変な目にあってしまう。
歯医者の前に本屋へ寄ろうと思い、早めに出たからよかった。

昨日に引き続き、今日も急な雨。屋敷が壊れるような音がしたら雨だった。
でもすぐにやむ。
昨日は雷も落ちたらしいが。
現場にいた人(K平くん)が言っていた。
雷が落ちると目の前が真っ白になるそうだ。

今晩は、こないだの肉を焼く。茄子やピーマンも。それとさつまいもの羊羹。
お義母さんにもらった甘い桃で、アイス風の冷菓。

月曜日

8,15

今日はK平くんは通常仕事。
わたしは寝坊したが、お弁当は間に合った。

昼ごろ、ざあっと風が吹くみたいな音がしたと思ったら、雨。
シーツやタオルケットなどいろいろ干していたから、取り込む。
こういう天気は久しぶりだな。
ちょっとしてやんだけど、まだ雷が鳴っている。

昨日はお義母さんと晩御飯だったので、かぼちゃ豆腐を作る。
葛の分量が少なくて固まりがいまひとつだった。
こんどは大さじ1と2分の1でやってみよう。
でも今かぼちゃが甘いので、どう作ってもおいしいのはおいしい。
お義母さんの竜田揚げとなすの焼いたのもおいしかった。

今日は夕方お寺に行くので、晩御飯はカレー。
帰ってきてすぐ食べられるように。

最近、ちょこちょこ本を読んでいて少しずつやる気レベルがあがっている。
他の本も読みたいけど、文庫本の箱がまるごとどこかへ行ってしまった。
去年東京から帰ってきたとき以来ない気がするので、探さないと。

日曜日

8,14

K平くんが高知で釣ってきた魚は、すばらしい味の刺身、しゃぶしゃぶ、煮魚などになって、わたしたちのおなかにおさまった。
今回は「つぼ銀」にお世話になって、みんなでいただいた。
魚はマハタ、アヤメカサゴ、アカヤガラ。
知らない名前ばかりだけど、マハタは高級魚だそう。
旨みがとてもある。はじめはさっぱりとやってくるけど、そのあとにコクがぐっときて舌の奥をつかむから、食べながらまた食べたいとおもう。

ユウセイくんはせっかく寄ってもらったのに、アラとアタマのところしか入っていなかったそう。
こんどはちゃんと刺身のところも持って行ってもらわないとな。
でもこのアラ炊きは格別においしいとのこと。ユウセイくんが送ってくれた写真がめちゃくちゃよかった。


さて、それから2週間が過ぎて、お盆。
K平くんとともに親戚の家やお墓を参る。
運転をまかせられて気分がよいし、暑いけど海辺を走るのはうれしい。
多曽のおばちゃんちでは、いろんな人が家を出入りして、おじいちゃんもおばあちゃんも若人も子供もいて、やることはたくさんあるだろうけど、皆楽しくしている。
お餅もお寿司もおいしい。
お寿司は甘い酢飯が大好物なので、どんどん食べる。

皆がスペイン村に行った(昨日)ときのビデオや甲子園を時々みながら、おばちゃんの苦労話などきく(イカなど蘇民の森におろしている)。
K平くんはこんなとき、とても上手に話をきく。相槌をうったり、新しい情報をもたらしたりするので話が尽きない。
わたしはこのおばちゃんが好きで仕方ないので、しあわせな気分に包まれて横でお寿司を食べている。

帰りには干物のお土産ももらって、最後に浜島のおばちゃんのところへ。
このおばちゃんは7月に亡くなられたけれど、私たちの結婚式に出られてよかったよと皆に言ってもらえた。
わたしもおばちゃんに見てもらえてうれしかったし、これで、少し気持ちが整理できた。

4時前に帰宅。
陽にあたって少し疲れたので、昼寝する。K平くんも気づいたら寝ている。
夜は肉の会。先輩にたたきのたれを頼まれたので、作る。
たたきのたれのイメージを湧き上がらせようとしたけどはっきりしないので、
とにかく、いつもやるすり胡麻系のでいくことにする。

宵の口、明和着。
わたしはジャンケンに負けたけど、K平くんに権利を譲ってもらいビールを飲む。
肉は、先輩が朝日屋で仕入れてくる。
カルパッチョ、たたき、ちょっと焼いたの、よく焼いたの。
どれもおいしかったけど、わたしはちょっと焼いたのがよかった。
何もつけないでそのままでおいしい。
表面にいろんなスパイスのミックスをまぶしつけて焼く。
焼くのは庭で炭火で焼いていた。すばらしい。
おうちもすばらしく快適そうだった。

わたしだけたくさん飲んで、12時過ぎに帰宅。
眠くて仕方ないので乾布摩擦をして、就寝。

土曜日

7,30

また、久しぶりの更新。
この五月に、幼なじみだった男の子がだんなさんとなった。
(!)
いろいろなことを、いちどきに継続進行できない性分。
二か月が過ぎて、ようやく、ふつふつと何かが湧きそうになってきた。
でもまだ一週間の半分くらいは、恐ろしいほどに眠い。

今週末、K平くんは高知へ釣り遠征。
K平くんから魚釣りをとったら、K平くんでなくなってしまうと真剣に思う。

夕方、本屋へ行った帰り、光みたいな雲がみえた。
空模様がどんどん変わっていく。
帰ってテレビをつけたら、たいへんな水害が起こっている。
どうして、という気持ち。
私はふつふつとし続けている。

本屋へ行ったのは、前から知っていたけどここ数日でどうしても必要だと思った本があり、
それを明日、電車で読もうと思いたったから。
久しぶりに長いこと電車に乗る予定。
楽しみだ。
早く寝よう。

月曜日

5,2




 いろいろとお休み中ですが一艸は元気です。
 今、世のなかに起きていること、自分の身のまわりの出来事すべてに共通だとおもうのは、まず自分がしゃんとして元気でいることが第一番目。どんなときも自分が欲することに敏感でいなければ、いざというときに立てないし活動も長続きしないのだということです。
 困難な状況、限られた供給のなかでも、自分が欲する栄養をちゃんととる。必要なものは案外身近にあったりします。なければ思いきってとりに出かける。それもできなければふんばる時。必ず動けるときがくると信じます。欲するものが何もないときは、できるだけ休んで養います。(そのとき、何かひとつでもお守りのようなものがあればよいな、とおもっています。)