水曜日

4,28


るいちゃんのクッキー

今日出がけに、るいちゃんの今月のクッキーが届きました。うれしい。

るいちゃんは、西荻それいゆ※を通じたお友だち。お菓子を作って表出している。彼女のセンスのつまったお菓子たちは、かわいくてやさしく、でもすっとしていて、最終的に和んでいる。
食べたひとはほっとする。

彼女は毎月、テーマを決めたお菓子を作っています。そして今月のお菓子として、一艸の木版画のかたちをイメージしたクッキーを作られた。
それが今日届いたのでした。一艸、カンゲキこの上なし。

ドーナッツ型に星、まる、おわん型。
どれもおいしい。

さっそく、その後会ったお友だちにもおすそわけをしました。


※それいゆは、西荻窪のすてきな喫茶店です。地図はこちらです。(真ん中の上らへん)

木曜日

4,22

素描のページ

ホームページに「つづり」というページを作りました。
版画になる前の素描を中心に、底にある物語の一片をおもいつくままに掲載する、というとても愉しいページです(←自分にとって!)。

すべての作品の底の根っこはつながっていて(世界の大陸のように、海のように)、それは自分では底の物語とおもっている。
版画になるのは、本当にその先っちょの部分だけなので、下に隠れている物語は上に出てこないことが多いです。
それをこの度は、ページに掲載していきます。自分のためになります。

まず最初は、「Kii no」と名づけた作品です。
10年とちょっと前に版画になりましたが、そのときは物語はまだ不十分で、自分としても出し切れていませんでした。最近になってまたナンだか動きはじめました。
冬っぽい作品なので季節はずれですが、今どうしてもやっておきたい気分です。まだ寒いからだとおもいます。チャンスなのです。

つづり

土曜日

4,17


今日

今日は青空が見えました。
天気のよいうちに、大きい材料の買い出しに行きました。

移動

また移動がしたくなってきました。でもまだ時期ではないようです。いてもたってもいられなくなったら、もしくは、ふと今だとおもったときが時期だとおもいます。そのときのために、今は準備をしています。

スナフキン。

トーベ・ヤンソンの暮らしに憧れていました。ムーミンの生みの親。
人生の後半期には、年の3分の1くらいを小さな島で過ごしていたそうです。「島暮らしの記録」という本にそんな暮らしのことが書かれてあって、その本が大好きでした。
トーベのいちばんのお気に入りはスナフキンだったようです。わたしはスナフキンになりたいわけではないのだけれども、なぜかそうなってしまいます。

木曜日

4,15

ホームページ 更新

日付が変わってしまいました。

ホームの表紙を更新しました。
そして、遅ればせながら、展示の作品案内を作成しました。展覧会のページからダウンロードできるようになっています。
こちらはPDFファイルが別ウィンドウで開きます。お使いのコンピュータに保存されてもよいですし、保存しなくても印刷だけされてもよいと思います。

写真は、印刷して二つ折りにしたところです。

Adobeアクロバットなどがインストールされていないマシンでは、PDFがどのように開くか分かりません。うまくいかないようでしたら、一艸にメールをください。
皆さんの環境でどう見えるのか、わたしも知りたいですのでお気軽に。

● ホーム:http://www.issoumoku.com
● 展覧会:http://www.issoumoku.com/exibition.html

一艸にメールする

展覧会の写真

また、前回更新しました「展覧会ほうこく」の見取り図ですが、うまく表示されているでしょうか。
拡大写真の右側・左側をクリックすることで、写真を移動できます。

★以下、展覧会の画像がうまく見れている方には関係ありませんので、読まなくてよいですヨ

比較的新しいバージョンのIEをお使いの場合は、いろいろとブロックされますので、最初に画面を表示したとき、「ブロックされているコンテンツを許可」するオプションを選択する必要があるかもしれません。
これにはまず、画面上部にあらわれた黄色のメッセージをクリックして、オプションメニューを出してください。
(※今回使用しているスクリプトは、通常コンピュータに害はないものとして一般的に利用されているものです。)

ちょっと小難しいようなことを書きましたが、これでうまくいくとよいと思います。

火曜日

4,13

土手の花

今日は気持ちのよい日でした。見送りに東京駅へ行きました。
帰りに四ツ谷と吉祥寺に途中下車して、桜見を。どこも雪のように花びらが降っていました。

この季節に咲く黄色の花もすきです。土手によく咲いています。見ると種類はいろいろある。高尾の駅に電車が入る直前、この黄色の花が映画のように咲いている。
今日は人が少なかったので、電車からそれが撮れました。

月曜日

4,12

高尾

今日は雨でした。
西荻のことばかりよく書きましたが、今はもう住んでいません。高尾に越して半年です。
もともと山のそばで育ったので、ここらあたりの暮らしの感じは慣れています。
山と川があって、店屋が少ないとか、駅を出たらすぐ山が見えるとか。
帰り道に山にむかって歩いていると単純に、家に帰れてよかったとおもう。
わたしは、自分のいろいろなことがまた単純になってきたので、版画ができるのだとおもいます。
明日は雨じゃなければいいですけど、雨でしょうか。

日曜日

4,11

並べ方

展示の中心だった<はじまりの版画>は、自分の家ではいつも台所の壁に三段に貼って見ていました。

展示でもこのようにしたい気持ちもありましたが、環境的に無理だったのと、ひとつの作品に身を入れて見ることをしにくい、というのがあって、やりませんでした。

でも、かたちの全体の並びは自分としてはこういうことだ、とおもっています。(貼り方はガタガタですけど)
いつかどこかでこういう展示もできれば。

土曜日

4,10

ホームページ 更新

ようやくホームページを更新できました。(ほっ。)
展覧会の模様も載せていますので、ご覧ください。

● ホーム:http://issoumoku.com/
● 展覧会:http://issoumoku.com/exibition.html



昨日あたりから、だんだん桜が目に入ってきました。
花のところも好きですが、あの黒い幹がなんとも好きです。ごつごつ と節くれだったところとか。
もう少し後片づけをして、やることをやったら、ちょっと桜見したいです。もう葉桜ですか?でも八重桜もいいですよね。

木曜日

4,8

額のこと

伯父がさっそく、もち帰った作品を額装してくれたとのこと。
21センチ角の作品です。展示では、30センチ角の黒の木製額に、マットは無しでした。
今回伯父は、黒い額に黒いマットを選んだそうです。これはとてもかっこよさそう。モダンに見たい方にはおすすめだと思います。
さすが伯父さん。

展示期間中に、ポストカードをご自分の額に入れて写真を撮って見せてくださった方がいらっしゃいました。
シックな配色のいろいろなきれいなタイルをはめこんだ額で、中の作品の有機的なかたちと似合っていて、すてきでかわいかった。
とてもその方らしいのです。うれしいです。

今回は、額を展示分しか用意できませんでした。飾り方についてもっと提案できればよかったのです。これは今後の改善点です。
ポストカードのほうは、皆さんもっと気軽に求められていました。この大きさだど、飾り方も好きに遊んでいただきやすいです。

火曜日

4,6

展覧会 最終日

今日、ギャラリーマドさんでの展示を無事終えることができました。
6日間は短いようですが、密に過ごせて、わたしには充分な時間でした。

会いたかったひとたちの多くに会うことができました。これはこの展示の目的のひとつなのでした。
何年間か自分らしくない時期が続き、それでもその年月がすぎて今こんな感じです、と。
言葉でいうよりももっと伝えられたような。

これからも変わり続けると思いますが、またみてやってください。

はじめての方々との出会いも貴重でした。
二度訪れてくださった方、お手紙をくださった方。。
うれしかったです。
ずいぶん前に、つくることが苦しくなっていたとき、あるひとが言ってくれた言葉を思い出しました。
 ただ一人のひとにだけでもわかればいーんだよ
と。言葉づらだけ追えばふうん?というだけのことですが、そのときのわたしの状況とそのひとのことがあわさって、
わたしには特別でした。
今回のことはこれに合致するわけではないけれど、それでもふと思い出しました。
特別のことと思いました。

それから、知っている方だけど作品をお見せしたことがなかった方に、こんなことです、と、みていただけたのもよかったです。

そして、今回、お越しくださった方々とお話するなかで、自分にはない見方や発想をたくさんいただきました。
新鮮でした。たのしいことです。
ある作品を、三月の風、と言われた方がいました。忘れ得ないことのひとつです。

来られた方、ご覧になって何かもち帰ってくださっていたら(物でなく)、うれしいです。
これで作品として成り立ったと思います。


では、そろそろ。

ふつうに考えたら短いくらいの6日の間、展示にお越しくださった方々、ほんとうにどうもありがとうございました。
お会いできたことがまずうれしかったです。

そして、制作中に励ましをいただいたみなさん、展示中毎日のようにお世話になったそれいゆのみなさん、どうもありがとう。

それから最後に、体調が悪いのをおして来てくれた、世のなかでもっとも尊敬するひとである祖母に、ありがとうをありったけ、かき集められるだけかき集め、ぎゅうぎゅうづめにつめこんで、
つたえたいと思います。

日曜日

4,4

展覧会 週末

展覧会も4日目となりました。

この週末、展覧会を通してたくさんの方にお会いすることができました。
久しぶりのひと、おなじみのひと、はじめてのひと、いろいろです。贅沢です。

昔からの知人には、いまの自分のことを少しでも伝えられたら。

そして、はじめてで偶然みたいに訪れて、じっくりみてくださった方々、巡りあわせがうれしかったです。

これまでお越しくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。


昨日、版木が見たいとの声を聞いて、今日は版木を少しと下絵をもってきました。こんなかんじで出来上がるのだと、お伝えできればよいと思います。

展示は火曜日までやっています。
あとの2日もじっくりと。


西荻のお店(3,31 [2])の記事に、「にわとり文庫」さんと「パールランドリー」さんを追加しました。

木曜日

4,1

展覧会 初日

今日から展覧会がはじまりました。
平日ということもあり、ゆるりとしたスタート。
それでも、普段はない顔合わせもあって印象深い初日に。
やり残したと思っていたこと、細かいことは、きれいにどこかへいってしまいました。
お越しくださった方々、どうもありがとうございました。

ギャラリーマドさんは、靴を脱いであがっていただきます。
お部屋にお招きする感覚です。
平日に来られる方は、きっとゆるゆるとしていただけると思いますので、お茶でも飲みにいらしてください。

今日は目もアタマもしょぼしょぼでしたが、打ち上げの気持ちで久しぶりのメンバーとそれいゆへ。
おなかいっぱい、ありがたく和み、今日も一日の終了です。